MENU

大切なベンチャー企業への入社時期

更に、社内でのポジションとしても、基本的には早々にベンチャー企業就職してるほど優遇をされていきます。1年遅れて入社したのみで、後では随分取り返せない差がついてきます。

たとえば、すでに企業がある程度デカ足掻くなってからですと、ストックオプションを得る事は出来ませんし、さらに、上場をしてるベンチャー企業では、社員持株会もうまみがそんなにありません。例えばベンチャー企業就職ではこのような事が起こります。

そして、会社の成長とともに、新たに営業事業部長というポジションが出来、そこに着任をすることになります。そして、その後、通常Aさんはこれから先その間じゅうBさんより上の立場となり続けます。

30歳のAさんは、ある会社から営業部長として採用されたやります。ベンチャー企業就職は入社のタイミングやインターンシップが非常に肝心です。

ベンチャー企業就職は、職能資格制度ではなく、ポジションによって報酬が決まる職務制度が取られてる事が多く、経営の幹部として採用されなかったときには、大企業より通常給与は低くなります。Aさんの元同僚で同い年のBさんも、その会社の成長に憧れ1年後に転職。

このようにベンチャー企業就職は、会社の成長ともに、先に入社した人が昇進をしていきます。営業部長という立場での採用ですが、ポジションは営業事業部長のAさんの下です。