MENU

ベンチャー企業はお互いの相性が重要

大企業のプロジェクトは完成系に近くなっていたり、コレまでの長たらしい歴史の中で確立をしてきた手法を変える事が出来なかったりで、標準的には閉塞的感じが漂っています。ベンチャー企業就職時には社長との合い性を見極める事が非常に重要なので、ベンチャー企業就職の選考時や内定受諾の意思決定をする前には、インターンシップキャリアバイトで社長にどうしても会っとくとよいデス。

まだ、会社の成長が続いてれば、この閉塞的感じも拭えるのですけど、残念ながら、最近では業績が芳しくない大企業も増加してきました。ベンチャー企業就職は大きな会社ではないため、反社長同盟みたいなものを社内で結成することも難しく、居場所がなくなってしまいます。

ベンチャー企業では、株主であり創業者である社長の影響レベルが強く、社長の人柄が社風を決めたり、社長の関心が事業の内容を左右をやったりします。そのような中で、早期退職制度が社内ではじまると、空気はますます重くなり、安定を求めてるのに、安定出来なくなって来てるのが大企業の実態です。

また会社の歴史が長たらしいほど、年配の社員の割合が多く、若手社員が自由にチャレンジする風土はそこまで多くはありません。そのため、社長との波長が合うときは、ベンチャー企業就職はたいへんたのしく仕事ができますが、波長が合わない場合は、自分の提案が通らなかったり、社風に合わなかったり、やりたくない事をやらされたりと、非常に辛くなります。