MENU

インターンシップで就職しやすくなる

実体験に裏付けられたストーリーには強大説得力が生まれるものです。あとは、シッカリとインターンシップの際のエピソードを伝え、そこで獲得したスキルの「再現性」を示せれば、既に面接で負ける事はまずないでしょう。

「再現性」とは、インターンシップで獲得をした能力を実際に働き始めてからも発揮し続け、結果につなげていく事ができるかということです。キャリアバイトを通じて仕事のおもしろさを知り、志望動機にそれがつながったとすれば、それはとっくに立派な志望動機になります。

もちろんベンチャー企業就職でも同様の事です。このような点では、インターンシップ経験のない学生とずば抜けた「差」をつける事ができるのデス。

インターンシップでは、間違いなくその会社の一員として社員の方々と一緒に働きますので、必然的に目上の人・年長者とのコミュニケーションのタイミングが増える事となります。これにより、目上の人への気配りとか、自然な敬語を話すことなど、しごと探しにおいて特段重要な自然としてスキルを身につけていく事ができます。

インターンシップでは、会社に入ってからする「実務」を経験するため、他の学生より「仕事」に対する理解を深めることが出来ます。この点は非常に大切なので、常に意識をしながらインターンシップに臨みましょう。